<< 土耳古3 | main | 土耳古5 >>

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

土耳古4

2/26、トルコ航空にて成田空港を出発。
イスタンブールのアタテュルク空港まで、12時間程度の直行便。

3人がけのシートを2人で占領できたので、広々と使えて楽ちんでした。

軽食とトルコワイン。


夕食。
 チキン。デンマークのビールTUBORG


沈む太陽を追いかけるようにして飛んでいたので、長く続く夕焼けを眺める。


太陽が沈む瞬間。


日が暮れると、機内は就寝モード。
あまり眠くなく、本を読んだり、しょーもない映画を観たり。
数時間経つと、お腹が減ってきました。
メニュー表には途中で軽食が出るとの記述があったものの、サービスはとくに無し。

イスタンブール到着の2時間前に、ようやく待望のご飯。夜食?
なぜか和食。
&トルコビールEFES。




トルコに着いたのは、現地時間の20時。日本時間では深夜3時か。
入国は至ってスムーズ。
ホテルに、空港までの迎えを頼んでいたので、そこからの移動もスムーズでした。

・・・が、この車での移動がスムーズすぎ=スピード出しすぎで、メチャメチャ恐かった。
車のドライバー自身も、まわりの車もものすごいスピード。
逆にチンタラ走っていたらよけい危ないのでしょうが。


ホテルは旧市街地の、グラン・バザールの付近。
トラムのベヤズット駅の近く。
この周辺の道は幅が狭く、非常に入り組んでおり、怪しげな雰囲気。


ホテルの部屋からの眺め。
きれいなところではないが、ローカルな感じがしてヨイ。
ちなみにホテル(Hotel Niles)自体は、小さくも綺麗でセンス良い感じ。


とりあえず晩ご飯を食べて、とっとと寝ることにして、イスタンブール最初の食事へ。
いかにも観光客向けの場所は避けて、大通りから一本入ったところにあった
ロカンタ(トルコの大衆食堂)に入ってみました。

カウンターに、いろいろな種類のおかずが置いてあって、
それを見ながら適当に注文するスタイル。

いろいろ。



意外なことに、野菜料理がすごく豊富でした。
トルコ料理というと、ケバブをはじめとして「肉!」というイメージがあったのですが。
味付けはスパイシーというよりも、むしろ家庭的でやさしい感じ。
油も多くなく、ヘルシーな感じ。
おいしい!

そんな訳で、つい調子に乗って頼みすぎ、初日の夜から食べ過ぎ&飲みすぎました。
先が思いやられる・・・。

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • 22:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
本棚
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM